加入団体

弊社は、以下の団体に加入しています。英文校正者を雇用するだけでなく、自ら世界中の英文校正者のネットワークの一部になることで、最新・最先端の知識と技術の情報交換を行い、常に高品質のサービスをご提供できるよう、努力を続けています。

 

校正者団体

研究者のための学術論文英文校正エナゴ

Council of Science Editors (CSE)

CSEは、科学界における信頼性のある優れたコミュニケーションの実現を目指す校正者の団体です。校正者のキャリアの手助け、研修の提供、および高品質の英文校閲に役立つ情報資源の作成をすることで、科学の世界で活躍している校正者をサポートしています。

URL: www.councilscienceeditors.org

英文校正・英語校閲会社

European Association of Science Editors (EASE)

様々なバックグラウンド、言語文化および職業経験を持った校正者が、科学でのコミュニケーションと校正への関心を分かち合うための、国際的な校正者団体です。

URL: www.ease.org.uk

英語検閲・校閲

Board of Editors in the Life Sciences (BELS)

BELSは、生命科学の英語論文校正者の熟達度を評価し、他の職業にあるような資格認定を校正者も得られるよう、1991年に設立されました。

URL: www.bels.org

Korean Council of Science Editors (KCSE)

KCSE は、韓国国内で出版される科学ジャーナルの質と国際的地位の向上をビジョンとして設立されました。編集者、著者、査読者を対象に、数々の編集、出版、研究倫理などをテーマとする多彩なプログラムやワークショップを主催しています。

URL: www.kcse.org

Council of Asian Science Editors (CASE)  

CASE (Council of Asian Science Editors) は、ジャーナル編集と出版に関する情報共有の規制を協議することで、アジア圏で出版される科学研究ジャーナルの質の向上、ひいては科学と人類の健全性の創造に寄与することを目指す、非営利の団体です。

URL: www.asianeditor.org

 

学術出版界の団体

The Society for Scholarly Publishing (SSP)

The Society for Scholarly Publishing (SSP)は、1978年に創設されたNPO団体です。ネットワーキングや情報共有、新技術の開発によって、学術出版界におけるコミュニケーションの促進を図ることを目的としています。

URL: www.sspnet.org

International Society of Managing & Technical Editors (ISMTE)

International Society of Managing & Technical Editors (ISMTE)は、査読プロセスや学術ジャーナルに関わる専門者のコミュニティーをつなげるという使命を掲げています。査読者同士のネットワーク構築や教育とトレーニング・実践に役立つ研究・リソースを提供、またジャーナルのポリシーの発展にも寄与しています。

URL: www.ismte.org

Association of Learned and Professional Society Publishers (ALPSP)

ALPSP は、学術・専門出版に従事する非営利組織や機関を支援する、国際会員資格事業者団体です。国際的な研究コミュニティと学術出版コミュニティの交流を活発化し、情報供与を通して各自の発展を促すことをミッションとしています。

URL: www.alpsp.org

The International Association of Scientific, Technical and Medical Publishers (STM)

STM は、学術・専門出版社を対象とする国際事業者団体です。科学、技術、医学分野における研究成果の普及に取り組む出版社や著者を支援しています。国際出版者協会(IPA)やその他の政府および専門機関と連携し、情報普及、保管、検索の改善を目指しています。

URL: www.stm-assoc.org

Committee on Publication Ethics (COPE)

COPE は、出版倫理のあらゆる側面を協議する、査読(ピアレビュー)付きジャーナルの編集者と出版社のためのフォーラムです。研究や出版における不正行為への対処方法について、編集者への助言も行っています。

URL: www.publicationethics.org

Open Access Scholarly Publishers Association (OASPA)

OASPA は、科学技術をはじめ、あらゆる学術領域のオープンアクセスジャーナルや出版同業者の利益を代表する非営利協会です。オープンアクセスに関わる情報交換、基準の設定、模範の提示、支援、知識の普及と啓蒙、そして革新的な考え方の推進を活動の軸としています。

URL: www.oaspa.org

United Kingdom Serials Group (UKSG)

UKSGは、登録チャリティ(イギリスのNPO法人)および保証有限責任会社です。そのミッションは、情報コミュニティ間をつなぎ、学術コミュニケーションに関する意見交換を促進することにあります。UKSG は、図書館司書、出版社、その仲介人、また技術販売会社から成る学術情報コミュニティ全般の幅広い興味関心と活動の橋渡しをする唯一の組織です。

URL: www.uksg.org

 

翻訳者団体

論文 翻訳・医学論文翻訳

日本翻訳連盟 (JTF)

翻訳サービスに携わる企業、団体、個人会員から成る経済産業省認可の公益法人であり、日本の翻訳業界最大の業界団体です。翻訳事業に関する研究、調査、研修・講演会、人材育成、情報収集・提供、関連機関との協力などを行い、翻訳事業の振興を図ることで、日本の経済社会の発展に寄与しています。

URL: http://jat.org

英日翻訳・医学翻訳

日本翻訳者協会(JAT)

翻訳業務に携わる国内外在住のフリー翻訳者や翻訳会社から構成され、メール配信や会議などを通じ、翻訳の品質の向上を目的としています。また、フリー翻訳者が翻訳の仕事から充足感を得ることを目的とした会員同士の相互協力、交流研修活動も盛んです。

URL: http://jat.org

学術翻訳・医学論文翻訳

グローバリゼーション・ローカリゼーション協会(GALA)

翻訳サービス、言語技術、言語管理ソリューションなど、言語サービス業界の発展を目指す国際的な非営利団体です。会員企業には、世界中の翻訳会社、グローバル化のコンサルタント、ローカライゼーションサービスプロバイダー、国際化の専門家や技術開発者などが含まれています。会員企業がよりグローバル市場で活躍するために、品質・サービス・技術革新のためのフォーラムなどを開催しています。

URL: www.gala-global.org

学術翻訳・医学論文翻訳

アメリカン・トランスレーターズ・アソシエーション(ATA)

American Translators Association(ATA)は1959年に設立され、現在90カ国1万人以上の会員を有する、米国最大の翻訳・通訳のプロフェッショナル団体です。 ATAの主な目的は、翻訳者・通訳者の専門的スキルの育成を促進・支援し、翻訳・通訳業界を発展させることにあります。

URL: www.atanet.org

学術翻訳・医学論文翻訳

日本知的財産翻訳協会(NIPTA)

特許翻訳技術の研究・開発、および翻訳者の能力向上への支援を通じて、知的財産に関する翻訳の普及啓発を図ることで、国民の知的財産に対する理解が深まること、また、海外における日本の知的財産の保護を図ることで、日本経済の活性化に寄与することを目的としています。

URL: http://www.nipta.org/

Association of Language Companies (ALC)

Association of Language Companies (ALC)は、翻訳、通訳、ローカライゼーション、そして言語教育サービスを提供するグローバル団体です。当団体は、必要な情報・ツールをメンバー企業とタイムリーに共有し、高品質な翻訳・通訳サービスに役立てることを目的に、大手企業のグループにより創設されました。

URL: www.alcus.org/index.cfm

 

学会

英語検閲・校正・サービス

日本質量分析学会

世界中で質量分析学の学会などほとんど存在しなかった1953年にMSSJは創設され、これまでに半世紀以上、この分野の科学データを数々提供してきました。化学、生物学、物理学、工学、および近年注目を集めている情報科学など、広範囲の科学分野に関心を寄せています。多種多様の領域を組み合わせることで、順次的な応用だけでなく、原子と分子の質量の測定そのものに革新を見出していくことを目的としています。他の分光・分析術よりもさらなるチャレンジを課されるているこの分野の研究に力を注いでいます。

学会誌: Journal of the Mass Spectrometry Society of Japan
URL: www.mssj.jp

英語検閲・校正・学術論文

日本プラズマ・核融合学会

ノーベル物理学賞を受賞者、湯川秀樹教授の提案で、日本のプラズマ研究者と核融合研究者の集いとして1958年に設立された核融合懇談会が、1983年に非利益団体になったとき、JSPFとして新たに設立されました。日本での核融合研究の奨励を目的として活動しています。

学会誌: Journal of Plasma and Fusion Research
URL: www.jspf.or.jp

 

ビジネス界の団体

英語論文校正・校正サービス

NASSCOM®

NASSCOM®は、インドの主要な通商組織で、IT-BPO産業の商工会議所です。インド内外の1200のメンバー企業は、主にソフトウェアの開発・サービス・製造、またはコンサルタントサービス、BPOサービス、eコマース、インターネットサービス、エンジニアリングサービス、アニメーション、ゲームなどに携わり、インドの産業歳入の95%を占め、224万人の従業員を抱えています。

URL: www.nasscom.org

エナゴのご利用が初めての方

英文校正エナゴって何?

サービス概要を、漫画でわかりやすく解説。まずはこちらへ!

どうやってプランを選べばいいの?

原稿の単語数を入力するだけで
即座に料金がわかる!