下方向へおそるおそるスクロールして下さい

エナゴって何?

研究者マンガ『ハカセといふ生物』(作・実験太朗ほか、技術評論社刊)と
英文校正エナゴとのコラボ企画!
博士号を持っているのに、どこかさえない主人公の研究者・北大路きたおおじが、
何ヶ月も苦労して、ようやく英語論文を書き上げたところから物語が始まります。

どうしよう…

おい北大路、どうした?顔色が悪いぞ。

論文の〆切が近いのですが、英文校正会社選びで困ってて・・・。

そんなときはエナゴだッ!!

エナゴ?

どのへんがおすすめなんですか?

ネイティブ2名による丁寧な校正

品質のバラツキを防ぐシステムだな!

充実したアフターサービス

専門分野の合致

たしかにスゴそうだっ!!

エナゴを知らないキミのために

これからそれぞれ4つのオススメについて、我々が説明しよう!

まず、専門分野の合致について説明しよう!

※上記は一部抜粋。ほかにもたくさん対応できる分野あります!

一般的な校正会社の場合、「医学」なら「医学」という大きなカテゴリーで一致する校正者を起用するのが普通だ。

ところがエナゴでは、「腫瘍科」「消化器科」など医学の中でもさらに分野を細分化し一致する校正者を探し出すんだ。

たしかに、ちょっとでも分野が違うと理解できないですからね。

そのとおり!!

もちろん、校正者は修士号・博士号を持った専門家だ。もともと研究者やジャーナル編集者だった人も多いんだよ。

専門分野の合致 CLEAR!!

次は、ネイティブ2名による丁寧な校正について説明しよう

一般的な会社では、1人の校正者がチェックする事が多い。

ところがエナゴでは、同じ分野の専門家と英語の専門家の2名が校正をするんだ。このような「ダブルチェック体制」を採用している会社はほどんどない!

英文校正では、あらゆる点に目を配らないといけないが、2人なら見落としのリスクも減り、さらに安心だ!

たしかに、1人ではチェックしきれないですね・・・

ネイティブ2名による校正 CLEAR!!

次は、充実したアフターサービスについて説明します♪

エナゴでは校正内容について何度でも、もちろん無料で、質問する事ができるんです!

著者が手直しした原稿を何度でも校正してくれるアフターサービスもあるんです。しかも有効期限は最長1年なんです!

何度もブラッシュアップして論文を投稿したいからこれは助かる!

充実したアフターサービス CLEAR!!

最後に、品質のバラツキを防ぐシステムについてだ。

エナゴでは1日に100本以上の論文をお預かりしている。

1日に100本ってスゴい量!

校正が終わった原稿は、監査部が再チェックし、校正者の成績を付ける。ミスがあれば減点だ。成績によって、校正者への給与が増減する仕組みなんだよ。

超実力主義ですね。それは気が抜けないな・・・

一定の成績に満たない校正者には、研修会を開き、改善指導を行う。

こまめな評価・指導が鍵なんですね。

品質のバラツキを防ぐシステム CLEAR!!

校正終了!

投稿しよう!

おめでとう〜

今すぐエナゴへ

お見積り・ご注文