サービス全般 すべて開く/閉じる

品質管理

エナゴは校正した原稿が、英語の不備を理由にリジェクトされることが無いことを保証いたします。万が一、英語の質が理由で論文がリジェクトされた場合には、責任を持って無料で再校正いたします。
エナゴでは情報セキュリティに関するISO認証ISO 27001:2013を取得しております。原稿をお預かりしてから納品するまで、一貫してデータの管理を徹底し、漏洩防止に努めています。また、エナゴのウェブサイトは256bit対応した暗号化方式を採用。情報の送受信についても万全の体制を整えています。また、すべての契約校正者と機密保持契約を交わしています。

校正者

厳しい審査を経なければエナゴの校正者にはなれません。
  • 高い専門性:エナゴの英文校正者はオックスフォード、ハーバード、MITといった一流大学の博士・修士の学位を有する経験豊富な各分野の専門家です。校正者は厳しい研修を受け、定期的に仕事の質をチェックされます。
  • 英語ネイティブ:英文校正者はすべて、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアといった英語を母国語とする国の出身者です。英語ネイティブのスタッフが校正することにより、正確かつ一貫性のある表現を維持することができます。また、校正者のネットワークが世界中に広がっているため、短納期にも対応することができます。
  • 豊富な経験:校正者は国際的な出版社での勤務経験や査読経験などを持つベテランで、校正経験年数は平均19.4年。論文がジャーナルにアクセプトされるための要件を正確に把握し、インパクトの高いジャーナルが何を求めているかを理解しています。

エナゴの英文校正者について詳しくはこちらのページをご覧ください。

はい、可能です。個人情報保護の観点から氏名を明かすことはできませんが、ご希望の場合はrequest@enago.comまでご連絡ください。1から2営業日程度で準備しお送りいたします。
エナゴの専門科目別英文校正者のネットワークは非常に充実し、細分化しているので、幅広い分野に対応可能です。対応可能な専門分野や各分野の実績についてはこちらのページをご覧ください。万が一適任者が見つからない場合は、お客様と直接ご相談し、ご依頼原稿の専門分野に最も近い分野の校正者を起用します。

見積り・発注

まずはお見積り・ご依頼フォームに必要事項をご入力ください。
  • 「作業を開始」をお選びいただき、サービス料金がご入力いただいたご予算を下回る場合は、直接校正作業を開始いたします。その後、折り返しご発注内容をメールでお送りします。サービス料金がご予算を上回る場合は、一度お見積りをお送りいたします。お見積りをご確認いただいた後、ご発注ください。
  • 「まずはお見積り」をお選びいただいた場合は、折り返しご注文内容とお見積りをメールでお送りします。メール、またはマイページでお見積りの内容をご確認いただき、ご発注ください。
まずはお見積り・ご依頼フォームに必要事項をご入力ください。フォーム内の送信ボタンをクリック後に表示される選択肢で「まずは、見積りをください。」をお選びいただければ、お客様の同意がない限り、校正作業は開始しません。フォームの受信後1時間以内にクライアントサービスがお見積りを作成し、Eメールでお送りします。
お見積り・ご依頼フォームやメールでいただくご連絡には、週7日24時間体制で、1時間以内にご返信しております。
お選びのサービス、原稿の単語数、納期に基づいてお見積りを算出しております。お見積り・ご依頼フォーム に必要事項をご入力いただけましたら、正確なお見積りを1時間以内にお送りします。
単語数は当社のオリジナル専用ソフトウェアでカウントしています。ソフトウェアでは数えることのできない画像形式のようなファイルの場合、弊社のスタッフが手作業にてカウントします。
はい。お見積りをPDFファイルにて差し上げることも可能です。
当社ではお客様からのご指示がない限り、お見積りの作成時に原稿のすべての単語数をカウントしております。一部校正不要の箇所がある場合には、対象原稿の中で校正不要の箇所を色付きでハイライトするなどしてマークしていただき、お見積り・ご依頼フォームの「原稿に関するご要望欄」に「ハイライト箇所は校正不要」、「参考文献は校正不要」、「アブストラクトのみ校正対象」等と、校正者へのご指示をご入力ください。
ご不便をおかけし、申し訳ございません。ご依頼原稿の専門分野に最も近い分野の校正者を起用いたしますので、お見積り・ご依頼フォームの「学術分野」「その他」をお選びいただいた上、コメント欄に分野名をご記入ください。
いいえ、英文の質によって料金が変わることはありません。ただし、オンライン翻訳を使った機械翻訳の場合は、英文校正者が文章の意図を理解できないことが多いため、ご依頼の引き受けをお断りすることがあります。また、ノーマル英文校正サービスをご希望の場合でも、アドバンス英文校正サービスのご利用をご提案させていただくことがございます。

1つのファイルサイズが10MBを超える場合は、ファイルシェアサービス・Hightailのエナゴ専用リンクをご利用ください。

ここからファイルをアップロードした後、お客様のお名前とメールアドレスをご入力いただき「UPLOAD」のボタンをクリックしていただくと、エナゴのクライアントサービスrequest@enago.comに通知メールが届きます。担当者はそのメールに記載されたリンクから対象原稿をダウンロードし、適切に保存・管理いたします。

お客様にはファイルの送信完了をお知らせするメール(件名:File Delivered: お客様のファイル名)が届きます。

英文校正の料金は、サービスの種類・単語数・納期プランによって計算されるので、ご依頼確定後にお客様がこれらの変更を行わない限り、料金の変更はありません。追加原稿や納期短縮の必要が生じた場合などは、そのつど、クライアントサービスが料金のご相談をさせていただきます。
はい。エナゴでは最低受注量や最低受注金額を設けておりませんので、何単語からでもご依頼を承っております。
原稿の納期は、対象原稿の単語数や、お選びいただくサービスおよび納期プランによって異なります。エナゴでは最短8時間以内の当日納品プランから12日納品プランまで、9つの納期プランをご用意しています。いずれのサービス・納期プランにおきましても、締め切り厳守で対応させていただいております。詳細は料金と納期のページをご覧ください。
メンバーシップIDは、お客様が初めて当社のサービスをご利用し、ご依頼を確定された際に、当社から発行するアルファベットのお客様識別IDです。アサイメント番号は、メンバーシップIDに数字(ご依頼の回数)が足された、ご依頼の案件を識別するためのIDです。
原稿の交換は可能ですが、交換のお申し出のタイミングによって追加料金を頂戴しております。詳しくは利用規約をご確認ください。

納品・納品物

ご登録いただいているメールアドレスに、納品をお知らせするメールをお送りいたします。メールに記載されたダウンロードリンクからマイページにアクセスいただき、納品原稿をダウンロードしてください。納品のお知らせから15日以内のダウンロードをお願いしております。

15日経過しダウンロードリンクが無効になってしまった場合は、クライアントサービス request@enago.com までご連絡ください。

はい、可能です。土曜日は英文校正の作業日に含まれ、納品も行っています。日曜日は校正の作業日には含まれませんが、納品は行っています。

はい。アドバンス英文校正・4000単語未満/ノーマル英文校正・7000単語未満で、最短8時間以内に納品する納期プラン「当日納品」をご用意しています。

ただし、ご発注が当日の午後3時30分を過ぎてしまうと同納期プランはご提供できません。お急ぎの場合はrequest@enago.com までお問い合わせください。

校正者は、変更履歴を残しながら原稿を校正いたします。変更履歴を残すことにより、修正前と修正後の違いをお分かりいただけるようになっています。
request@enago.comまでご連絡ください。修正履歴のない状態のファイルをお送りします。

原稿評価カルテ」とは、お預かりした原稿に対する校正者の意見を簡潔にまとめたもので、原稿の英語の質に関する評価も含まれています(トップインパクト英文校正では、原稿評価カルテの代わりに論文診断レポート(トップインパクトレポート)が提供されます)。より良い英語論文を執筆するためのコツや、原稿に対する客観的な評価が記載されています。原稿の総単語数が1000語以上のお客様に、無料で差し上げております。

ご希望のお客様は、お見積り・ご依頼フォーム の「原稿評価カルテ」で「希望する」をお選びください。

「Editor Message(校正者からのメッセージ)」とは、原稿に関する追加のコメントや論文執筆に関するコツなどが書かれたファイルで、校正済みの原稿と一緒に納品しております。論文をジャーナルに投稿する前にお客様にご確認いただきたい留意点が記載されている場合もございますので、必ずお目通しください。
原稿内に残されたコメントは、修正案を示したり、修正の意図を説明したりするために担当校正者が書いたものです。

英文校正

トップインパクト英文校正サービス」は、トップジャーナルへの掲載を目指す方のための英文校正サービスです。論文の科学的内容もチェックし、『Nature』や『NEJM』、『Cell』、『The Lancet』、『The Journal of the American Medical Association (JAMA)』などトップジャーナルの元編集者から論文を改善するためのコメントを受け取れる有料オプションもございます。

アドバンス英文校正サービス」と「ノーマル英文校正サービス」では、校正作業で校正者がチェックするポイントが違います。「アドバンス英文校正サービス」では、言語だけでなく、論理の流れや構成もチェックし、英語論文の内容を読者に無理なくしっかり理解してもらえるよう、修正・編集作業も行います。「ノーマル英文校正サービス」では、英語の正確さと表現の適切さを重視して校正をします。各英文校正のサンプル をぜひご覧ください。分野をクリックしていただくと、原稿の具体例とともにサービスに応じた修正内容が示されます。それぞれのサービスにおいて、どの程度修正されるか、違いをご理解いただけるかと思います。

また、3つのサービスの比較表もご参照ください。

エナゴでは、「トップインパクト英文校正サービス」、「アドバンス英文校正サービス」、そして「ノーマル英文校正サービス」の3つの英文校正サービスをご用意しております。ご要望によって、どのサービスが適しているかは変わってまいります。

例えば「トップインパクト英文校正サービス」は、『Nature』や『NEJM』、『Cell』、『The Lancet』、『The Journal of the American Medical Association (JAMA)』などトップジャーナルの元編集者によるコメントがもらえる、トップジャーナルへの掲載を目指す方のための英文校正サービスです。なおいずれの英文校正サービスでも、英語の質を理由に論文がリジェクトされることが無いことを保証しております。各サービスの違いにつきましては、こちらの比較表をご覧ください。

サービスの内容をより詳しく知りたい方はrequest@enago.comまでお問合せください。専任スタッフが最適のプランをご提案させていただきます。

ご依頼の原稿の専門に合致する校正者を選任いたします。最も分野に適した校正者を選べるよう、ご依頼の際には、お見積り・ご依頼フォーム の「サービスの詳細」内にある「学術分野」から3段階に分けてご希望の専門分野を選んでいただくようお願いしております。

または、まず校正者のプロフィールをご確認いただき、校正者を指名することも可能です。ご希望の場合はrequest@enago.comまでお問い合わせください。

トップインパクト英文校正サービスでは、トップジャーナルでの編集・査読経験の豊富な校正者を含め3名体制で校正いたします。

アドバンス英文校正サービスとノーマル英文校正では、2名体制で校正いたします。1回目は専門分野に合致した専門家が、論旨を入念にチェックしながら校正します。2回目はアカデミック英語に精通した英語ネイティブの専門家が、文法ミスが無いよう原稿をさらにブラッシュアップします。

はい。英文校正サービスをご利用の場合、お預かりした原稿を、投稿するジャーナルの規程に沿って適切なフォーマットに仕上げます。追加料金はいただきません。

投稿規程チェックとフォーマット調整だけの個別サービスもご用意しています。

英文校正証明書とは、英語ネイティブのプロの校正者により論文が校正されたことを証明する書面です。多くのジャーナルが、論文を投稿する際に、英文校正証明書をあわせて提出することを義務付けています。
はい、発行しています。エナゴには3つの英文校正サービス「トップインパクト英文校正サービス」「アドバンス英文校正サービス」「ノーマル英文校正サービス」がありますが、いずれのサービスにおいても英文校正証明書を発行しています。ご希望の場合は、英文校正サービスのお申し込み時に、お見積り・ご注文フォームで「校正証明書を希望する」をお選びください。

はい、LaTeXファイルの校正も承っております。その場合、LaTeXファイルと合わせて、同じ内容のPDFファイルもご提供いただきますようお願い申し上げます。納品形式は、LaTeXファイルかWordファイルの2つからお選びいただけます。対応可能なファイル形式と納品形式についてはこちらのページをご覧ください。

エナゴならTeXファイルの原稿をTeXファイルで納品する「ダイレクトTeX英文校正」に、追加料金は一切ありません。また、投稿規程に合わせたスタイル調整のサポートも無料で行います。

お預かりするPDFファイルを当社でWordに変換できる場合はWordに変換し、変更履歴を残しながら校正した後、Wordファイルで納品いたします。画像データから作成されたPDFなどWordに変換できない場合は、対象原稿を当社でプリントアウトして、赤ペンを使った手書き校正を行った後、PDFのスキャンデータで納品いたします。対応可能なファイル形式と納品形式についてはこちらのページをご覧ください。

手書きの英文校正が必要な場合でも、エナゴなら追加料金は一切ありません。また、Wordに変換できる場合は、投稿規程に合わせたスタイル調整のサポートも無料で行います。

はい、ございます。継続的なお取引を検討中の法人・学会のお客様にご提供しております。詳しくはrequest@enago.comまでお問い合わせください。

はい。エナゴは、学術書をはじめ、様々な分野の書籍の校正・翻訳を手掛けてまいりました。専属のコーディネーターがお客様のご要望に沿った校正スケジュールを組み、経験豊富なスタッフが校正・翻訳を担当し、出版に向けたお手伝いをいたします。書籍英文校正の事例(一部)はこちらのページをご覧ください。

なお、エナゴの姉妹部門にあたる学術翻訳ユレイタスでは、日本語から英語、英語から日本語への書籍翻訳・校正サービスもご提供しており、日英翻訳に含まれる英文チェックはエナゴが提供しています。

エナゴでは、アフターサービスとして「担当校正者Q&A」を無料でご提供しています。納品から1年間、担当した校正者が、何回でも、原稿に関する疑問にお答えします。マイページの「アフターサービス」に設置された専用フォームからお問い合わせください。

お客様のご懸念はごもっともです。校正者にとって作業が最も困難なのは「筆者の言いたいことが分らず、意図を推測するしかない」時だとされます。当社で実施した校正者に対するアンケート調査において、71名の校正者のうち87%がその点を「最も困難」と回答しました。

お客様の言いたいことが校正者に伝わらないケースは珍しくありません。エナゴではこの問題に取り組み、筆者と校正者の「ギャップ」を埋めるために様々なコミュニケーション手段を用意しています。

その一つが、納品原稿と一緒にお届けする「Editor Message」。校正者が理解しにくかった点や論文の筆者に再確認していただきたい点を、納品原稿内にコメントとして残します。「無料Q&A」では、納品後1年間、疑問や不明点を何度でも担当校正者に質問していただけます。また、納品原稿を何度も手直しし、お客様の求めるレベルにまで高めていくアフターサービス「あんしん保証」や「査読対応オプション」もご用意しています。

会社

本社はアメリカのニューヨーク(1732, 1st Ave #22627 New York City, New York, 10128 United States)です。アメリカ、アジアを中心として、世界各地に拠点を設けています。詳しくは会社案内のページをご覧ください。

論文作成

良い論文のタイトルには、(1)論文の内容を簡潔に表している、(2)読者の興味を惹きつける、(3)格調が高い表現が用いられている、(4)重要なキーワードを含み、検索しやすい、という4つの特徴があります。

また、タイトルを考える際に以下のポイントに気を付ければ、より効果的に論文をアピールできるでしょう。

  1. タイトルに研究課題、試料、手法、結果を含めること。一例ですが、次の公式にあてはめると、これら4つの要素をうまく盛り込むことができます。
  2. 公式:[結果] : A [ 手法 ] study of [研究課題] among [試料]
    例:Meditation makes nurses perform better: a qualitative study of mindfulness meditation among German nursing students.
  3. 不必要な言葉や一部の専門家にしか通用しない用語(jargon)を使わないこと。当該分野以外の研究者にもわかりやすい言葉遣いを心がけましょう。
  4. 語数を5~15語の範囲に収めること。
  5. 大学の紀要や特殊なジャーナルに掲載する論文のタイトルに関しては、規程を順守すること。多くのジャーナルではスペースも含めた文字数の制限を設けていますし、大学の紀要の場合はタイトルのフォーマットが細かく指定されていることもあります。

アブストラクト(要旨)は研究の内容を簡潔に表し、250語以内にまとめることが多いものです。記載すべき事項は以下の4点です。

  • 問題提起:研究の目的およびリサーチクエスチョン
  • 手法:その課題を解決するためにどのようなことを行ったか
  • 結果:研究の主な成果や実験から得られた定量的なデータ
  • 結論:結果から示唆される事柄

【重要】

  • 専門分野外の読者を想定し、頭文字からなる略語は初出時にはスペルアウトして表記し、必要に応じて専門用語の解説も記載すること。
  • アブストラクトはあくまで要点をまとめたものなので、研究の妥当性については言及しないこと。

タイトル見出しや見出しは論文のタイトルをさらに短くしたもので、各ページの最初の部分に見出しとして記載されます。ページ番号に続いて見出しが表示される場合もあれば、ページ番号とは反対側に表示される場合もあります。

見出しに関する規程はジャーナルによって異なりますが、簡潔にまとめることが求められ、例えばAPAの規程ではスペースも含めて最大50字以内と定められています。

見出しは通常すべて大文字で書き、ページの最初の部分に記載されます。実際のジャーナルや規程を読み、マージン、スペース、フォントに関する指定を確認しましょう。すでに論文のタイトルが見出しの指定字数範囲に収まっている場合は、タイトルをそのまま見出しとして使って構いませんが、字数を超えている場合は規程に準じた変更が必要です。

見出しの作成に際しては、タイトルの主要な部分を使ってみましょう。例えば、元のタイトルが“The Effects of Running on Heart Health in Elderly Patients” であれば、前半の“Effects of Running on Heart Health” や、後半の“Heart Health in Elderly Patients” を見出しとして使うことができます。論文の視点やコンセプトに合わせて、どちらを選ぶかを決めましょう。

また、theやaといった冠詞は省略します。例えば “Re-examining the Literary Traditions in Ancient China” というタイトルの見出しは、“Re-examining Literary Traditions in Ancient China.” となります。

論文の書き方については、こちらのサイトも参考にして下さい。

科学論文の構成は概ね決まっていて、それぞれの部分に記載すべき情報や順序は、次のようになっています。

  • タイトル:研究テーマを明確かつ魅力的に示す
  • 著者:研究に従事した人々の名前を列挙する
  • アブストラクト:論文の要点をまとめた短い要約
  • イントロダクション:研究課題やリサーチクエスチョンの提示
  • 材料&方法:具体的にどのようなアプローチで研究課題やリサーチクエスチョンを解決したか
  • 結果:実験・調査により明らかとなった結果
  • ディスカッション:結果の解釈についての議論
  • 謝辞:研究をサポートしてくれた人や機関を提示
  • 参考文献:論文に引用した論文・資料のリスト

論文の効果的な書き方に関しては、こちらのサイトもご覧ください。

キーワードを選ぶことは難しくありませんが、戦略が必要です。キーワードという視点でみれば、論文の中で最も重要な部分はタイトルといっても過言ではありません。タイトルには論文のトピックを示す言葉が含まれているという前提にたって、検索エンジンはタイトル内の語句を検索します。ですから、タイトルに論文のコンセプトを示すようなキーワードが含まれていることがとても重要なのです。

論文のアブストラクトや本文でキーワードを使う際には、次のことに気をつけましょう。

1.キーワードがカギとなるコンセプトを示していること
2.キーワードが事実に基づいていること
3.キーワードがトピックに関する共通理解を反映していること
4.キーワードを3~4個にしぼること
5.必要に応じてキーワードの類語を使うこと
6.論文の中ではキーワードを一貫して繰り返し用いること

また、的確なキーワードを選ぶためのオンラインツール(Medical Subject Headings (MeSH)、Google Keyword Planner、 Google Trends、Keyword Tool、Boolean Searchなど)がありますので、こちらも活用しましょう。

EndNoteはタイトル、年代、著者などをセクションごとにわけて認識するため、参考文献をMS Wordから直接EndNoteにインポートすることはできません。まず、参考文献を論文管理ソフトWizFolioに追加し、クリップボートを介してインポートし、ris形式でエクスポートしてください。risファイルはEndNoteにインポートできます。EndNoteを提供するクラリベイトのこちらのページもご参照ください。

リワーズクラブ

リワーズクラブとは、研究支援エナゴの英文校正サービスと翻訳ユレイタスの翻訳サービスをご利用いただくごとにポイントが貯まり、次回ご注文のお支払いや特典サービスにご利用いただける、研究者のためのポイントプログラムです。永久不滅のポイントは、英文Eメール校正などの特典サービスと引き換えることもできます。また、リワーズクラブのアカウントから、英文の読みやすさの評価ツールなど研究に役立つエナゴ独自のAIツールもご利用いただけます。