査読対応オプション(旧称:もっとあんしん保証)

国際ジャーナルへの投稿後、避けては通れないのが査読者コメントへの対応・返答です。エナゴのアドバンス英文校正サービスをお選びいただくお客様は、査読者コメントへ対応するアフターサポート「査読対応オプション」を、英文校正のご依頼時にお付けいただくことができます。オリジナル原稿を校正した専門家2名が、お客様が査読者コメントに沿って修正された原稿を、回数無制限で再校正いたします。

新規文章の追加を含め、オリジナル原稿から50%までの変更に対応し、論文のリバイスの過程をサポートいたします。

査読対応オプションの概要

  • 査読者コメントに沿ってお客様に修正・追加していただいた英文の校正 *1
  • 修正原稿、レスポンスレター(査読者への回答文)の内容確認 *2
  • 再投稿用カバーレターの校正 *3
  • 納品からたっぷり1年間、回数無制限でご利用可能

英文校正・英語論文校正

*1 オリジナル原稿から30%程度の修正に加えて、元の原稿にはなかった新しい英文の20%程度の追加にも対応いたします。
*2 ご修正内容とレスポンスレター(rebuttal letter・査読者への反論文とも呼ばれます)が、査読者からのコメントに合致しているかどうかの確認を行います。不一致が見られる場合はその旨をご連絡いたします。
*3 修正内容をまとめた、再投稿時に添えるカバーレターを校正いたします。お客様が作成されたドラフトの文章をご提供ください。

査読対応オプションの内容

  英文校正・英文校閲・アブストラクト・抄録 アドバンス英文校正 英文校正・英文校閲・医学 ノーマル英文校正
オプション追加料金 オリジナル原稿1単語あたり4円
(お選びいただけません)
納期 初回の校正時と同じ日数(初回3営業日掛かった場合、査読対応にも3営業日)
修正制限 原稿全体の30%程度の修正まで保証
加筆制限 元の原稿にはなかった段落や文章の追加など、原稿全体の20%程度の加筆まで保証。
校正者の起用 原則として、前回と同じ校正者
校正範囲 変更された部分を中心にして再チェック
異なるジャーナル用の
フォーマット再調整
原稿の修正後、異なるジャーナルに投稿される場合、新しい投稿先ジャーナルの規程に沿ってフォーマットを再調整します。追加料金はかかりません。
有効期間 校正原稿の納品後1年間

査読対応オプションのご利用方法

1
英文校正サービスと同時にお申し込み

お見積もり・ご注文フォームでアドバンス英文校正をお選びいただき、「査読対応オプション」のオプションをクリックしてください。ノーマル英文校正の方は、査読対応オプションをお付けいただけません。

2
校正原稿の納品

エナゴより校正済み原稿を納品します。

3
お客様によるご修正

校正者やジャーナル査読者の指摘に沿って、お客様にてご修正ください。

4
査読対応オプションのご利用

ご自分のマイページにログインしていただき、「アフターサービス」のメニュー内にある専用フォームから「査読対応オプション」をご利用ください。専用フォームに、査読者からのコメントや、コメントに沿って修正した原稿、その他の追加文章をアップロードいただけます。初回の校正内容にご質問があれば、修正原稿の中にMS Wordのコメント機能をご利用の上、英語でご質問をご記入ください。

5
査読対応オプション・再校正原稿の納品

作業完了後、Eメールでお知らせします。メールの中には、納品原稿をダウンロードできるURLが記載されていますので、そこからお受け取りください。

査読対応オプションのご留意点

  • ノーマル英文校正をご利用の方は、査読対応オプションをお選びいただけません。
  • ご発注完了後は、オプションを追加いただくことはできません。英文校正サービスのご依頼と同時にお申し込みください。
  • エナゴでは、どれくらい修正・加筆を加えられたかの度合いをカウントするツールを使って修正や加筆の分量を測定します。制限を大幅に超える修正や加筆には、逸脱した分の追加料金を請求させていただくことがあります(ほとんどのお客様が制限内に収まっていらっしゃいます)
  • 対応できるファイル形式は、文字編集の可能なWord、Excel、PPT、PDF、Wordで納品するTeXファイルです。ファイル形式について
  • 査読対応オプションでは、原則として初回と同じ校正者を起用するように努力しますが、担当校正者が手一杯のときは別の校正者が対応します。他の校正者をご希望の場合にはお知らせください。
  • 査読対応オプションでは原稿評価カルテはお渡ししておりません。
  • 査読対応オプションの有効期間は、校正原稿の納品から1年間です。有効期間を過ぎてしまい、同じジャーナルに再投稿したい場合は、有料の再校正サービスを大幅な割引価格(50%引き) でご利用いただけます。また、異なるジャーナルに再投稿したい場合は、リバイス・リジェクト論文の校正サービスのご利用をご検討ください。

あんしん保証(無制限再校正)との違い

英文校正エナゴがご用意する2種類の再校正サービス「査読対応オプション」と「あんしん保証(再校正保証)」の違いを、以下の表でご確認いただけます。

査読対応オプション あんしん保証
概要 納品及びジャーナルへの投稿終了後、査読者からの指摘コメントに沿ってお客様が加筆修正なさった論文が、的確に査読者コメントに対応できているかどうかという観点から再校正するアフターサポートサービスです。 納品終了後、お客様の修正に合わせて何度でも、回数無制限で再校正を行うサービスです。
保証を付けられる英文校正サービス アドバンス英文校正:
1単語あたり4円の追加料金

ノーマル英文校正:
ご利用いただけません。
アドバンス英文校正:
無料で含まれます。

ノーマル英文校正:
短納期プラン「1日プラン」と「当日納品」では無料でお付けいただけます。その他のプランでは1単語あたり2円の有料オプションとしてお付けいただけます。
サービス内容 ・前回と同じ校正者による再校正
・査読コメントと照らし合わせての修正箇所を中心とした再校正
・査読者へのレスポンスレター(回答・反論文)の校正
・再投稿用カバーレターの校正
・加筆された英文の校正
・前回と同じ校正者による再校正
・修正箇所を中心とした再校正
保証期間 アドバンス英文校正:
1年間

ノーマル英文校正:
ご利用いただけません。
アドバンス英文校正:
1年間

ノーマル英文校正:
120日間
修正制限 原稿全体の30%程度の修正まで保証 原稿全体の30%程度の修正まで保証
加筆制限 20%のボリューム増まで再校正保証
追加料金はありません。
元原稿になかった新しい文章の追加は保証対象外です。別途課金させていただきます。
納期 初回の校正時と同じ日数(初回3営業日掛かった場合、査読対応にも3営業日) 初回の校正時と同じ日数(初回3営業日かかった場合、再校正にも3営業日)
異なるジャーナル用の
フォーマット再調整
原稿の修正後、異なるジャーナルに投稿される場合、新しい投稿先ジャーナルの規程に沿ってフォーマットを無料で再調整します。 原稿の修正後、異なるジャーナルに投稿される場合、新しい投稿先ジャーナルの規程に沿ってフォーマットを無料で再調整します。