中国の奨学金で博士課程留学はいかが?

奨学金は、学位取得のための経済的支援の手段であると同時に、ネットワークを構築しながら重要な研究を行い、キャリアアップをするのにも有用です。その上、卒業後の就職活動につながる実際的な経験を得るのにも役立ちます。日本から申請できる海外の奨学金制度はいろいろありますが、今回は中国への留学を希望する博士課程の学生を対象とした奨学金「CAS-TWAS President’s Fellowship」について紹介します。
■ 中国の学術振興政策
中国政府は、科学の発展および科学者を支援するための投資を継続する方針を明確に打ち出しています。中国の学術振興の成果は、2017年に科学・工学分野の論文数で初めて米国を抜き世界首位となったことや、2018年にTimes Higher Educationの世界大学ランキングのトップ1000校に中国の大学が63校ランクインしたこととなって表れています。そして、中国行政機関の直属の学術機関である中国科学院(Chinese Academy of Sciences, CAS)と、科学技術振興のための国際的な学術組織である開発途上国科学院(The World Academy of Science, TWAS )が連携して提供しているのが、「CAS-TWAS President’s Fellowship Program」(以後、CAS-TWAS奨学金と記載)です。
*TWASは、その前身の名前「第三世界科学アカデミー」と称されていることもあります。
■ 中国科学院(CAS)と開発途上国科学院(TWAS
中国科学院(CAS)は、1949年に設立された中国最高の科学技術研究機関です。科学技術研究の実施のみならず、国家の科学技術発展計画や政策策定、教育においても重要な役割を担っています。国際協力においても長い歴史を有しており、中国と世界の科学研究機関を結ぶネットワークを構築してきました。
開発途上国科学院(TWAS)は、1983年に、発展途上国の科学者グループによって設立された非政府・非営利の国際組織です。パキスタンの物理学者で1979年にノーベル物理学賞を受賞したアブドゥッサラーム(Abdus Salam)が初代代表を務めていました。発展途上国の若手科学者や技術者の支援を目的とした活動を行っており、科学・技術・イノベーションにおける南南協力(途上国・地域間)および南北協力(先進諸国-途上国間)の推進をミッションに掲げています。また、発展途上国が直面している重要な問題の解決に役立つ科学研究や知識の共有にも力を入れています。
これら2つの組織が奨学金を通して、国外から若い研究者を中国に呼び込み、中国の学術研究の発展につなげようとしているのです。
■ CAS-TWAS奨学金について
博士課程の学生を対象としたCAS-TWAS奨学金は、世界の若手研究者からの注目を集めています。この奨学金は、世界中から200名近い学生や研究者を受け入れており、最長4年間、博士号を取得するための資金提供を行います。いまや中国は、若手研究者にとって研究拠点の一つになりつつあるのです。
奨学金の対象と資金援助
この奨学金は、生物科学や化学のような基礎科学から、農業科学や工学のような先端科学まで、幅広い専門分野をカバーしています。奨学生は、最長4年間の資金援助を受けることが可能で、これには4ヶ月間の中国語と中国文化を学ぶ機会も含まれています。毎月の生活費と住宅費が支給され、授業料と関連費用は免除。さらに、遠方からの留学生には、渡航費やビザ取得費用も提供されます。
応募資格
この奨学金の応募資格は以下の通りです。ここには、2018年の奨学金プログラムの募集要項を記します。
・35歳以下であること。(2018年12月31日時点の年齢。募集時期によってどの時点での年齢か異なる可能性があるので注意)
・奨学金の授与期間中、他の職務を行わないこと。
・中国の市民権を有していないこと。
中国科学院大学(UCAS)または中国科学技術大学(USTC)の留学生の許可規準を満たしていること。
・秋学期開始時点(2018年9月1日)に修士号を取得していること。
・中国での博士課程修了後、母国に帰国するという証明を提出すること。
・英語または中国語の能力を示すこと。 
出願方法
この奨学金に応募するためには、まず中国科学院大学または中国科学技術大学でこのプログラムを担当する指導教官とコンタクトをとり、承認を得る必要があります。中国科学院大学中国科学技術大学は、ともに中国科学院に隷属する国立大学であり、同科学院の研究所等と連携しています。応募者は、指導教官にメールを書き、この奨学金に応募したい理由を説明し、履歴書、研究計画書、その他の必要書類を添付して送付します。指導教官に承認されたら、所定のオンラインフォームを完成させ、全ての書類を提出します。別途、中国科学院大学または中国科学技術大学にも、申込書を送付しなければなりません。これらに加えて、2通の推薦状が必要となります。
CAS-TWAS奨学金に興味がわいたでしょうか?このCAS-TWAS奨学金を利用すれば、中国の有名大学で研鑽することができます。貴重な機会を利用することで、自身の世界を大きく広げることができるでしょう。博士号の取得を目指す方は、選択肢の1つとして検討してみるのも面白いかもしれません。

こんな記事もどうぞ
エナゴ学術英語アカデミー 中国の論文数が米国を抜いて世界一に

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。