14

論文の謝辞-例文比較

論文における謝辞(Acknowledgement)とは、論文執筆に間接的に携わったすべての人の貢献に対して感謝を述べるとともに、当該研究を支援した人、組織・機関などの貢献に対する評価を記す、論文の構成要素の1つです 。

論文の作成に実質的な貢献を行っていても、著者となる基準(オーサーシップ)を満たさない人やグループは謝辞に記載します。

謝辞には、技術的な面や執筆補佐などにおいて具体的な役割を果たした人や、間接的にサポートを行った人物やグループも含まれます。また、経済的な援助を行った団体が謝辞の最後に記されるのはよくあることです。原則として、そのように貢献者として記載される人物からは、あらかじめ謝辞への掲載許可を得ておかなければなりません。

なお、ジャーナルによって謝辞に関する基準が大きく違いますので、原稿を投稿する前に「Instructions for Authors」を参照してください。

以下に謝辞の典型例を挙げます。

  1. I would like to thank R. Solleg for useful discussions. I am grateful to P. Wisp for assistance with the numerical simulations and G. Wang for carefully proofreading the manuscript. This work was supported by a Grant-in-Aid for Scientific Research (No. A234-1) from PCAC.
  2. The authors are grateful to P.S. Renoult for suggesting the topic treated in this paper. We also thank T.M. Jones for sharing her dataset with us. One of us (V.A.) is supported by a JSPS Grant for Young Scientists. This work is supported by NSF Grants AAG-234 and YIG-457-3.
  3. The authors would like to thank J. Yamana for technical assistance with the experiments. We also thank Y. Ohta and J. Franklin for lending their expertise on the application of Lie algebra techniques. Finally, we are grateful to the referees for useful comments. This work is supported by a Grant for Medical Technology Research from the McGovern Foundation.
  4. I am grateful to P.G. Moget for collaboration on the early stages of this work. I would like to thank the members of Hunt Institute for their hospitality during my visit, when the main results of this paper were obtained. I would also like to take this opportunity to thank J. Jeffers for years of collaboration and advice. This work is supported by Grants-in-Aid for Fundamental Research (Nos. 31-34-1 and 56-44-2) from the GHO.

こんな記事もどうぞ

エナゴ学術英語アカデミー 論文の謝辞の書き方
エナゴ学術英語アカデミー 学術出版にゴースト(幽霊)出没?!
エナゴ学術英語アカデミー 研究論文の書き方(ステップ別、論文の書き方講座)


 

Dr. Paquetteグレン・パケットGlenn Paquette

1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of
X

今すぐメールニュースに登録して無制限のアクセスを

エナゴ学術英語アカデミーのコンテンツに無制限でアクセスできます。

  • ブログ 560記事以上
  • オンラインセミナー 50講座以上
  • インフォグラフィック 50以上
  • Q&Aフォーラム
  • eBook 10タイトル以上
  • 使えて便利なチェックリスト 10以上

* ご入力いただくメールアドレスは個人情報保護方針に則り厳重に取り扱い、お客様の同意がない限り第三者に開示いたしません。