あなたにぴったりな職場は海外にもある!?

英会話の能力さえあれば、就職先の選択肢も世界へと広がっていきます。では、あなたに適した国は、どうやって探したらよいのでしょうか?
ここでまず、じっくりとよく考えたいのが、「何が自分を幸せにするか?」ということです。そのなかには、給料のよさ、健康保険の充実度、老後の年金の有無、研究者としての自由度など、いろいろな要素が含まれると思います。
2010年に国際ジャーナル『ネイチャー(Nature)』が行った「給与と職歴に関するアンケート調査(Salary and Career Survey)」によると、多くの人が、研究者としての自分にとって最も大切な要素は「上司や他の研究者から指導や助言がもらえる環境にいるか?」だと回答しています。競争の激しい研究の世界では、やはり腹を割って相談できる同業者が側にいるのは心強いものですし、そのような刺激的なサポートがあればこそ、国際的な競争に打ち勝つことができるというものです。
次に大事な要素として挙げられたのが「給与のよさ」でした。3番目は「研究者としての自由度」でした。
では、あなたにとって大事なことは何ですか?
『ネイチャー』のアンケート調査に参加した16カ国の研究者たちの満足度を国別に比較すると、最下位はなんと日本! 「自分が幸せな人生を送っているなんてことをいうのはなんだか恥ずかしい」という国民性も多少は影響していると思いますが、それにしてもひどい結果です。近年急成長を遂げているインドや中国も、日本に僅差で最下位を“取られた”感がありますが、「昨年よりも満足度が向上していますか?」という問いには「はい」と答えた人が多く、将来性が伺えます。
英語力が完璧でなくてもかまいません。最初から諦めて就職先を日本だけに絞らず、世界中を焦点に入れて頑張ってみませんか?
このアンケートで最上位を獲得したのはデンマークですが、これにはデンマークが研究者支援の充実している国であることもさることながら、世界一住みやすい場所としても全世界の一位にランキングされている ことも大きく影響しているかもしれません。ただし、この種のランキング調査で第一位として挙げられている国は、スイスであったりフィンランドであったり、調査によってまちまちです。質問内容などアンケートの方法によって大きく左右されるようなので、あまりあてにしないほうがいいでしょう。
一般的にいえば、就職先を選ぶ場合には研究環境や手当てにのみ注目しがちですが、自分のライフスタイルに合った都市や国を選ぶことも大切だということです。
結婚して病気がちの子どもがいるのなら、国の保険や養育支援が充実している国。女性であれば、性差別の少ない国。一研究者として、そして1人の人間として、あなたの幸せ度を上げる大切な要素とは何かをよく考えれば、後はそれに適合した場所を探すのみ。その答えが日本以外で見つかるのなら、現在の英語力不足など考えずに挑戦することをお勧めします。

Leave a Reply

avatar
10000
  Subscribe  
Notify of