翻訳者のシゴト論

日本語と英語を鮮やかに行き来する翻訳者は、どうやって二つの外国語を身につけたのでしょうか。翻訳者の中には、生まれたときから海外で生活し、両言語に浸った環境で幼児期を過ごした人もいますが、それはむしろ少数派です。多くの翻訳者は、学校の教育課程で外国語を学び、成人を過ぎてから海外へ渡るなどして、勉強を重ねた末にプロとなった方々です。ことばの壁をどうやって乗り越えたのか。どうして翻訳者を志したのか。第一線で活躍している翻訳者に、おすすめの学習法や役立った書物、これからの夢まで、縦横無尽に語ってもらいました。