カテゴリーアーカイブズ: 文法

間違いやすい用語や表現 – since

 
副詞「since」は、日本人に過度に使用される語です。特に、日本人の学術論文で「since」が使用される大半のケースは、用法が適切ではありません。

「since」の誤用が最もよく見られるのは、「because」の類義語として用いられる場合です。「since」には「because」の類義語としての意味はありますが、両者の間には意味上の重要な違いがあります。その違いを以下に説明します。

一つ目に、「since」が「because」の類義語として用いられている場合でも、その第一義である時間的な要素はある程度残ります。そのため、「since」は「because」より「because, as you/we already know」の意味に近くなります。それゆえ、以下の用例が適切に使用されている場合は、若干意味が異なります。
 

(1) [正] Because I have already bought the tickets, we should go to the concert even
(1) [正] if it rains.
(2) [正] Since I have already bought the tickets, we should go to the concert even if
(1) [正] it rains.

(1)と(2)の違いを理解するために、聞き手がこの会話によって何の情報を得るのかについて、二つの可能性があることに注目します。

(1)と(2)の違いは、チケットを既に購入していることが、聞き手にとって新しい情報かどうかという点にあります。(1)と(2)におけるそれぞれの語法は、その情報を初めて聞く場合、そして既に聞いている場合に適切です。(1)において話し手は、チケットを既に持っていること、そしてチケットを持っているからコンサートに行くべきだという意見を伝えています。一方、(2)では、チケットを持っているからコンサートに行くべきだという意見のみを伝えています。

二つ目に、「because」がより直接的、必然的なつながりを表すという違いもあります。そのため、以下に例示するような場合には「since」は使えません。

(3) [正] The balloon popped because I poked it with a needle.
(4) [正] Because he hadn’t eaten for several months, the bear was very hungry.
(5) [正] The function f(x) is infinitely differentiable because it is analytic.

上記の用例では、結果・結論となっている事柄は、その原因・前提から直接的かつ必然的に引き起こされる帰結と考えられます。このような因果関係、あるいは論理的関係を示す場合に、「since」の用法は不適切です。ただし、 (4)の「the bear was very hungry」を「the bear decided to search for some juicy berries」に置き換えた場合、原文における直接的、必然的なつながりがなくなるので、「since」を用いた方が「because」より自然です。

詳しくはグレン・パケット:『科学論文の英語用法百科〈第1編〉よく誤用される単語と表現』(京都大学学術出版会,2004)の第115章をご参照下さい。
 
 


glenn

グレン・パケットGlenn Paquette

1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから。
 
 


ofとfor

 
英語を母語としない人を悩ます品詞の中で、前置詞はとりわけ難解です。意味が近いものも多く、似たものの区別をつけるルールも存在しません。ここでは、互いに混同されることが特に多い前置詞として「of」と「for」を考察します。

前置詞の正しい用法を覚えるのに、用例を熟考することによって、微妙な差異の直感的な理解を身につけるしかありません。つまり、前置詞の誤用を(「そのような意味がない」といったもの以外は)解説しようがないことが多いのです。という訳で、ここでは「of」と「for」の典型的な取り違えを示す例文を列挙だけします。
 

ofが正しい用法

(1) [誤] The results for this experiment are displayed in Table 1.
(1) [正] The results of this experiment are displayed in Table 1.

(2) [誤] Here, we study a model for cloud formation.
(2) [正] Here, we study a model of cloud formation.

(3) [誤] However, this is not a solution for Eq. (5.1).
(3) [正] However, this is not a solution of Eq. (5.1).

forが正しい用法

(4) [誤] The scaling relation of the size is derived below.
(4) [正] The scaling relation for the size is derived below.

(5) [誤] Here, we present a method of reducing such systematic error.
(5) [正] Here, we present a method for reducing such systematic error.

(6) [誤] The reason of this behavior is described below.
(6) [正] The reason for this behavior is described below.

(7) [誤] A sufficient condition of the existence of these curves is derived
(7) [誤] in Section 2.
(7) [正] A sufficient condition for the existence of these curves is derived
(7) [正] in Section 2.
 
 


glenn

グレン・パケットGlenn Paquette

1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから。