第8回 発音を向上させたい人は

英語 のアクセントの位置に気をつけることでジャパニーズイングリッシュでも伝わりますが、より高みをめざして発音を向上させたいと考える人もいるかもしれません。そのような人のためのちょっとしたヒントを提供します。

日本人の英語の特徴を直す

日本人に特有の英語の発音はたくさんありますが、なかでも以下の3点に気をつければ、より好感度の高いジャパニーズイングリッシュを話すことができるようになります。

    1. 末尾の母音を消す

たいていの日本人はI would like to をアイウドゥライクトゥと発音しています。それで十分伝わりますが、すぐにジャパニーズイングリッシュだとわかります。ウドゥ、ライクと、単語ひとつひとつの末尾で母音を発音してしまうからです。日本語はすべての音節が母音で終わりますので、無理もありません。しかし、英語は末尾の子音がほとんど消えそうになる傾向があり、そうなると当然、末尾の母音はまったく響きません。極端に言えば、アイウッライットゥのような感じです。

日本人がwebsiteと言おうとしてウェブと言った瞬間にジャパニーズイングリッシュとわかります。ネイティブスピーカーが発音すれば「ウェッ(プ)サーイ」のように聞こえます(実際はbの部分で唇を閉じ、tの部分で舌が前歯の裏に付いています)。Public、method、repeat、topなど、末尾が子音で終わる単語は、子音を含めて丸ごと消すような意識で発音してみましょう。

    1. lとr を意識して使い分ける

日本人がlとrの発音を苦手としていることはよく知られています。Our results show that…をアワリザルツショウザットと言ってしまえばジャパニーズイングリッシュ丸出しです。冒頭のrは小さなウを付ける感じでゥラ、ゥリ、ゥル、ゥレ、ゥロと発音します。単語の中間および末尾のl、rは音がほぼ消滅する場合があります。resultsはゥリゾー(ツ)です。

では、This plays an important role on…と言ってみましょう。Playのlは舌の先端を前歯の裏につけてしっかり発音します。roleは単独ではゥロー(後ろのルは消滅)ですが、onが続くのでゥローロンのようになりlは舌の先端を前歯の裏につけてしっかり発音します。ついでながら、importantはインポータントではありません。先の記事でも指摘したように、アクセントのある「ポー」の音しか聞こえないほどです。

    1. thの摩擦音をきちんと出す

more thanをモアザン、I thinkをアイシンクまたはアイスィンクと発音すれば、典型的なジャパニーズイングリッシュと即座にわかります。l、rの発音に比べれば舌を上下の前歯の間にはさむことは容易と思われますので、thの摩擦音を丁寧に発音するように意識しましょう。


キャラクター紹介:久里 夢存(Muzon Kuri)
日本の大学で材料工学を学び地元企業に就職するも、“独立型・移動式住居”開発の夢をあきらめきれず、再び大学でエネルギー工学を専攻。工学、生物学、建築学など多分野の研究者からなるプロジェクトチームに所属し、エネルギー自給型インフラストラクチャーフリー移動式住居[Self-Sufficient Camper(S.S.Camper)]を開発中。この度、国際住環境学会(“架空”)において同住宅の自然災害時における有用性について口頭発表することに・・。口演タイトルは、“Energy self-sufficient, infrastructure-free mobile house called Self-Sufficient Camper (S.S.Camper) provides both remote and on-site sheltering at times of natural disaster.”

Leave a Reply

avatar
10000
  Subscribe  
Notify of