14

学術出版界を見直す第37回SSPの年次大会に参加

2015年5月、アメリカ合衆国のバージニア州・アーリントンで開催された第37回SSP (Society for Scholarly Publishing) の年次大会に、英文校正エナゴが参加しました。
「多様な視点をつなげ、新たなる大局へ」というテーマの下、興味深い基調講演やセミナーが催され、900人以上が参加しました。学術出版界の「大局」がどこに向かっているのかに着目し、各種のプログラムが開催されました。デジタル時代において「境界線」での研究を推奨するチャールズ・ワトキンソン氏(ミシガン大学)の基調講演を始め、メディアや教育、統計学的研究の視点から学術出版界を見直す、大変刺激的な大会でした。
より詳しい情報はこちら(英語)
2015 SSP Annual Meeting: Enago Attends the 37th SSP Annual Meeting in Arlington, Virginia


英文校正エナゴについて
■ISO 9001:2008(品質マネジメント) 認証取得
■ISO 27001:2013(情報セキュリティ) 認証取得
英文校正の専門業者。これまで国内外58万稿の英語論文を校正してまいりました。「論文と同じ分野の博士号を持つ専門家」と「アカデミックライティングの専門家」の2名同時の重点チェックが最大の特徴。国際品質認証ISOを取得した管理システムの下、常に品質の維持向上と顧客満足度を追求しております。
ウェブサイト:www.enago.jp

X

今すぐメールニュースに登録して無制限のアクセスを

エナゴ学術英語アカデミーのコンテンツに無制限でアクセスできます。

  • ブログ 560記事以上
  • オンラインセミナー 50講座以上
  • インフォグラフィック 50以上
  • Q&Aフォーラム
  • eBook 10タイトル以上
  • 使えて便利なチェックリスト 10以上

* ご入力いただくメールアドレスは個人情報保護方針に則り厳重に取り扱い、お客様の同意がない限り第三者に開示いたしません。

研究者の投票に参加する

研究インテグリティ(研究公正)を後押しするのに、どれが最適な策だと思いますか?