14

CSE2016年次大会に参加 基調講演はピューリッツァー賞受賞者

2016年5月14日から17日にアメリカのコロラドで開催されたCSE(Council of Science Editors)年次大会に英文校正エナゴが参加しました。
本大会は “Thriving in the New Frontier”と題して開催され、ピューリッツァー賞受賞者であり、MITのKnight Science Journalism Programの会長でもあるサイエンス・ライター、デボラ・ブラム(Deborah Blum)氏が基調講演を行いました。3日間におよぶ大会では、ジャーナル編集者や原稿編集者向けの内容、出版管理に関するものまで様々な題材のセッションが行われました。
より詳しい情報はこちらから(英語)
2016 CSE Annual Meeting: Enago Joins the “New Frontier” with CSE


英文校正エナゴについて
■ISO 9001:2008(品質マネジメント) 認証取得
■ISO 27001:2013(情報セキュリティ) 認証取得
英文校正の専門業者。これまで国内外58万稿の英語論文を校正してまいりました。「論文と同じ分野の博士号を持つ専門家」と「アカデミックライティングの専門家」の2名同時の重点チェックが最大の特徴。国際品質認証ISOを取得した管理システムの下、常に品質の維持向上と顧客満足度を追求しております。
ウェブサイト:www.enago.jp

X

今すぐメールニュースに登録して無制限のアクセスを

エナゴ学術英語アカデミーのコンテンツに無制限でアクセスできます。

  • ブログ 560記事以上
  • オンラインセミナー 50講座以上
  • インフォグラフィック 50以上
  • Q&Aフォーラム
  • eBook 10タイトル以上
  • 使えて便利なチェックリスト 10以上

* ご入力いただくメールアドレスは個人情報保護方針に則り厳重に取り扱い、お客様の同意がない限り第三者に開示いたしません。

研究者の投票に参加する

研究インテグリティ(研究公正)を後押しするのに、どれが最適な策だと思いますか?