14

CSE2015の年次大会「動的変数 -校閲・出版の新しい方程式を解く」に参加

2015年5月17日、アメリカ合衆国のペンシルバニア州フィラデルフィアで開催されたCSE(Council of Science Editors) の年次大会に、英文校正エナゴが参加しました。
「動的変数 -校閲・出版の新しい方程式を解く」というテーマの下、世界各国から500人以上が集まる盛会でした。G.サイード・チャウドリー氏(ジョン・ホプキンス大学)による基調講演は「研究データ革命」という演題で行われ、増大するデータの共有・保存についての重要性が高まる中、出版社に期待される役割が示されました。他にも、STM(科学・技術・医学分野の)出版社にとって留意しておくべきデータ利用基準などについて多くの発表が行われ、実り多い大会となりました。
より詳しい情報はこちらから(英語)
2015 CSE Annual Meeting: Enago Conducts Session on Self-Publishing


英文校正エナゴについて
■ISO 9001:2008(品質マネジメント) 認証取得
■ISO 27001:2013(情報セキュリティ) 認証取得
英文校正の専門業者。これまで国内外58万稿の英語論文を校正してまいりました。「論文と同じ分野の博士号を持つ専門家」と「アカデミックライティングの専門家」の2名同時の重点チェックが最大の特徴。国際品質認証ISOを取得した管理システムの下、常に品質の維持向上と顧客満足度を追求しております。
ウェブサイト:www.enago.jp

X

今すぐメールニュースに登録して無制限のアクセスを

エナゴ学術英語アカデミーのコンテンツに無制限でアクセスできます。

  • ブログ 560記事以上
  • オンラインセミナー 50講座以上
  • インフォグラフィック 50以上
  • Q&Aフォーラム
  • eBook 10タイトル以上
  • 使えて便利なチェックリスト 10以上

* ご入力いただくメールアドレスは個人情報保護方針に則り厳重に取り扱い、お客様の同意がない限り第三者に開示いたしません。

研究者の投票に参加する

研究者が研究不正行為を行ってしまう原因は、以下のどれだと思いますか?