わが研究室の英語学習法

大学の研究室に訪問し、各研究室で継承されている学術英語の学習法についてインタビューします。


各研究室に伝わる学術英語の“虎の巻“を公開!

昨今、日本の研究者の多くは、英語運用能力の体系だった教育を受けられぬまま、英語での論文執筆や口頭発表といった課題に一人で立ち向かっているのが現状だと言われています。そういった状況下において、「研究室」は教授や先輩から実践的に英語のスキルを学ぶ場として、大きな役割を果たしているのではないでしょうか。本シリーズでは、実際に大学の研究室を訪問し、各研究室の英語学習法について伺うことで、研究者が英語を学ぶ際にどのようなサポートが必要なのかを探ります。