intra-とinter-

接頭辞である「intra-」と「inter-」はよく混同されます。つづりも発音も使い方もよく似ていますが、意味はかなり違います。「intra-」は「〜内の」という、「inter-」は「〜の間の」という意味を表します。以下は、「intra-」と「inter-」それぞれを接頭辞として含む単語の典型的な例です。

「intra-」
intracellular: 細胞内
intradepartmental: 学科内
intravenous: 静脈内
intrauterine: 子宮内
intramural: 学内

「inter-」
intercontinental: 大陸間
interdepartmental: 学科間
interdisciplinary: 学際的
interaction: 相互作用
interplanetary: 惑星間


glenn

グレン・パケットGlenn Paquette

1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です