14

論文のRunning Head(ランニングタイトル)の書き方

Running Headとは、日本語にはランニングタイトル、ランニングヘッド、ショートタイトル、欄外表題などと訳されており、各ページの上部欄外に見出しとして表示する短縮された論文タイトルのことです。論文のタイトルを短く表示するため、ランニングタイトルには略語の使用が認められる場合もありますが、文字数の制限も含め、投稿先の学術雑誌(ジャーナル)の投稿規程や指定されたスタイルガイドによって異なるので確認しておきましょう。記載位置などもさまざまで、文書の上部にページ番号を表示する場合は、ページ番号の前、もしくはページの番号の反対側の端に記載します。学術論文の執筆で標準的なフォーマットとされているアメリカ心理学会(APA)のガイドライン「APAスタイル」は、ランニングタイトルをページの左上に配置するように記しています。

ジャーナルの出版社がランニングタイトルの記入を求めるのは、多くの場合、実用的な理由によります。すべてのページに、それがどの論文の一部であるかが明示されていることが望ましいのです。プリントアウトした論文がバラバラになったとしても、各ページにランニングタイトルとページ番号が記載されていれば正しい順番に戻せます。また、電子版で閲覧する読者にとっても、複数の論文を同時に読んでいるような場合には、閲覧しているファイルそれぞれのタイトルが明確に分かれば混乱を防げます。

ランニングタイトルの書き方

ランニングタイトルの書き方として最初に言えるのは、簡潔であることです。「APAスタイル」には、ランニングタイトルはスペースも含めて50文字以内と定められています。このAPAのガイドラインも改訂されることがあるので常に最新の情報を確認しておくようにしましょう。以下は一般的に注意すべき点です。

  • すべて大文字で表記する
  • 文字数の制限や略語の使用などは指定に準ずる
  • ページ上部、ヘッダー部分に記入することが一般的だが、挿入位置、余白や間隔、フォントなどの詳細についても確認する

APAのスタイルでは、 “Running head”と記載後にコロンをつけてから大文字のランニングタイトルを続けて記載します。最初のページに“Running head: SHORT VERSION OF TITLE”と記載し、以降のページではランニングタイトル部分だけ(SHORT VERSION OF TITLEのみ)を記載します。他のスタイルガイドには、タイトルページに情報の一つとして、ランニングタイトルの情報も記述するように指定しているものもあるので、その点も確認しておきましょう。

ランニングタイトルの作成方法

論文タイトル自体の文字数がランニングタイトルの文字制限範囲内であれば、タイトルをそのままランニングタイトルとして使うことができるので、別途作成する必要はありません。しかし、タイトルの文字数が制限を超えている場合は、スタイルガイドラインに沿ったランニングタイトルを作成しなければなりません。

文字数を減らす方法のひとつは、タイトルの主要な部分を元に短縮版を作るやり方です。たとえば、“The Effects of Running on Heart Health in Elderly Patients(高齢患者の心臓の健康にランニングが及ぼす影響)”という論文タイトルであれば、前半の “Effects of Running on Heart Health”か、後半の“Heart Health in Elderly Patients”のいずれかが使えるかもしれません。どのアイデアとコンセプトがその論文で最も重要であるかに基づいて取捨選択します。

タイトルの一部を切り取っただけでは、論文の内容を表すランニングタイトルにならないという場合は、言葉を少し変えてみるか、タイトル全体を言い換えてみましょう。例えば、上のタイトルのランニングタイトルは“Running and Heart Health in Elderly Patients”とすることもできるでしょう。

もうひとつの方法は 「the」 や 「a」 などの冠詞を削除することです。例えば“Re-examining the Literary Traditions in Ancient China(古代中国の文学的伝統の再検証)”というタイトルは、“Re-examining Literary Traditions in Ancient China”と短縮することができます。この場合、タイトルから 「the」 を削除するだけで、APAの制限の50文字に収まるランニングタイトルが作れます。

Microsoft Wordでランニングタイトルを書き込むときのコツ

文字数の数え方

Microsoft Wordで論文を作成する場合は、「文字カウント」機能を使用すれば文字数をカウントできます。文字列をカウントしたい部分を選択した状態で、「校閲」メニューの「文字カウント」をクリックすると、結果のボックスに「文字数(スペースを含めない)」と「文字数(スペースを含める)」が表示されます。ジャーナルやスタイルガイドをよく読み、いずれの文字数を見るべきか確認しましょう。APAではスペースを含めて50文字と指定されているので「文字数(スペースを含める)」を確認する必要があります。

各ページのヘッダーとしてランニングタイトルを表示する

ヘッダーを作成するには、「挿入」メニューから「ヘッダーとフッター」の中の「ヘッダー」をクリックして、組み込み場所を選択した上でテキストを編集すれば各ページの上部にヘッダーが挿入されます。ヘッダーを変更すれば、その変更はすべてのページに反映されます。APAスタイルで指定されているように最初のページにのみランニングタイトルの前に「Running head」と書き込む場合は、ヘッダーの挿入や編集の際に表示される「先頭ページのみ別指定」というオプションのチェックボックスをオンにして、最初のページのヘッダーだけ別途編集します。こうすることで、最初のページと2ページ目以降すべてのページのヘッダーに別のテキストを表示させることができます。

ソフトにもよりますが、便利な機能を活用して作業を効率化するようにしてください。

ランニングタイトルは、読者の読みやすさのためだけでなく、編集段階でのファイリングに使用される場合もある大切なものです。にもかかわらず、ジャーナル投稿の際に書き忘れる著者が多いとの指摘もあるようです。ガイドラインに準じて、的確に記入するようにしましょう。また、全体の英文校正時には、タイトルと合わせてランニングタイトルにも不要な文字や不明確な表現がないか再確認するように注意してください。

参考情報

  • Hume-Pratuch, Jeff. May 10, 2012. “Mysteries of the Running Head Explained.” American Psychological Association website.  (Link)
  • Lee, Chelsea. Nov. 11, 2010. “Running Head Format for APA Style Papers.” American Psychological Association website.  (Link)
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
X

今すぐメールニュースに登録して無制限のアクセスを

エナゴ学術英語アカデミーのコンテンツに無制限でアクセスできます。

  • ブログ 560記事以上
  • オンラインセミナー 50講座以上
  • インフォグラフィック 50以上
  • Q&Aフォーラム
  • eBook 10タイトル以上
  • 使えて便利なチェックリスト 10以上

* ご入力いただくメールアドレスは個人情報保護方針に則り厳重に取り扱い、お客様の同意がない限り第三者に開示いたしません。