間違いやすい用語や表現 – anymore

副詞「anymore」は日本人によってしばしば誤用されます。実際、この語は多くの用法において口語的と見なされるため、学術英語では避けるべきです。日本人が書いた学術論文で「anymore」が用いられているほとんどの場合には、意図した意味を伝えるのには単に不要か、あるいはより適切な表現があるかのどちらかです。
以下はその典型的なケースを例示します。

(1) [誤] Above the critical value, the odd solution does not exist anymore.
(1) [正] Above the critical value, the odd solution does not exist.

(2) [誤] Due to recent advances in nano-scale technology, such indirect
(2) [誤] measurement methods are not necessary anymore.
(2) [正] Due to recent advances in nano-scale technology, such indirect
(2) [誤] measurement methods are nolonger necessary.

(3) [誤] As a result of the transformation, the integral of the path length does not
(3) [誤] diverge anymore.
(3) [正] As a result of the transformation, the integral of the path length no longer
(3) [正] diverges.

(4) [誤] We do not add anymore energy after the circuit failure.
(4) [正] We do not add any further energy after the circuit failure.

詳しくはグレン・パケット:『科学論文の英語用法百科〈第1編〉よく誤用される単語と表現』(京都大学学術出版会,2004)の第10章をご参照下さい。


Dr. Paquette

グレン・パケットGlenn Paquette

1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから。

Leave a Reply

avatar
10000
  Subscribe  
Notify of