結果・考察・結論を効果的に書く-論文の3つの要素と書き方のコツ

セミナー内容

英語論文の要旨(Abstract)の書き方を解説した前回のウェビナー『もう悩まない!英語論文アブストラクトの書き方』に続く今回のウェビナーでは、論文の結果(Results)、考察(Discussion)、結論(Conclusion)をそれぞれいかに効果的に書くかをご説明します。

それぞれの構成部分に何を書くか、どう書き分けるかは悩ましいものです。「主要な発見の解釈まで結果(Results)に書き込んでしまう」、「考察(Discussion)で結果(Results)に既に書かれている内容を再び述べてしまう」など、よくある間違いを避け、各項目に過不足なく情報を記載することが必要です。今回のウェビナーでは、それぞれの項目の目的と、よく練られた研究論文とするために各項目にどのような情報を書くべきかを解説します。

今回のセミナーで解説するポイント:

  • 結果(Results)、考察(Discussion)、結論(Conclusion):目的と意義
  • 各項目で特に大切な要素
  • 各項目の執筆時におかしがちな間違いと避け方
  • 各項目執筆時のコツ:書くことと書かないこと

主な対象者

  • 若手研究者
  • 大学院生
  • 博士課程の大学院生

講師プロフィール

田口善弘 教授(中央大学理工学部物理学科)

1961年東京生まれ。1988年東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。理学博士。2006年より現職。専門はバイオインフォマティクスおよび非線形物理学。30年以上の研究を通じて100を超える論文を発表。また過去5年間だけでも『BMC Medical Genomics』『Medicine (Lippincott Williams & Wilkins journal)』『PLoS ONE』『IPSJ Transactions on Bioinformatics』など50以上の国際ジャーナルにおいて査読を担当。バイオインフォマティクスの国際学会「InCob」では、2014年と2017年に最優秀論文賞、 2018年には最優秀口頭発表賞を受賞するなど数多くの受賞歴を持つ。著作も多数あり、『砂時計の七不思議』では第12回講談社出版文化賞科学出版賞を受賞。

今すぐ無料で受講する

講師プロフィール

田口善弘 教授

東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。理学博士。2006年より現職。専門はバイオインフォマティクスおよび非線形物理。30年以上の研究生活を通して100を超える論文を発表

X

今すぐメールニュースに登録して無制限のアクセスを

エナゴ学術英語アカデミーのコンテンツに無制限でアクセスできます。

  • ブログ 560記事以上
  • オンラインセミナー 50講座以上
  • インフォグラフィック 50以上
  • Q&Aフォーラム
  • eBook 10タイトル以上
  • 使えて便利なチェックリスト 10以上

* ご入力いただくメールアドレスは個人情報保護方針に則り厳重に取り扱い、お客様の同意がない限り第三者に開示いたしません。