オンライン学会での研究発表を成功に導く戦略

セミナー内容

学会は、研究者が自分の研究成果を発表し、世界中の研究者とネットワークを構築できるだけでなく、同じ分野の研究者たちから最先端の知見を得られる優れたプラットフォームです。最近では、オンライン学会(バーチャルカンファレンス/Virtual conference)が一般的になりつつありますが、それにより、研究者には、この新しい形式の学会において、研究成果の重要なポイントを説得力豊かに伝える技術が求められるようになってきました。

今回のウェビナーでは、オンライン学会で印象に残るプレゼンテーションを成功させるための具体的なヒントや、オンライン学会特有の課題克服方法について解説します。

今回のウェビナーで解説するポイント:

  • 出席すべき学会の見極め方
  • オンラインのプレゼン・研究発表に特有の課題をどう克服するか
  • 印象的で説得力のあるオンライン・プレゼンや動画プレゼンのヒント
  • 聞き手の心を掴む発表者になるには
  • 質疑応答を上手く切り抜けるコツ
  • 人脈作りのヒント
 

ご登録いただくと:

  • ウェビナーの終わりに、チャットを通じて講師にご質問いただけます。講師がその場で回答いたします。
  • 受講終了後、ウェビナーへの参加証明書をお受け取りいただけます(後日メールでご送付)。
  • 英語論文の校正・投稿支援サービスと翻訳サービスにご利用いただける3つの割引クーポンをお受け取りいただけます(後日メールでご送付)。

主な対象者

  • 大学院生
  • 若手研究者
  • 実績のある研究者
  • 博士課程の大学院生
  • 博士研究員(ポスドク)
  • 主任研究員

講師プロフィール

田口善弘 教授(中央大学理工学部物理学科)

1961年東京生まれ。1988年東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。理学博士。2006年より現職。専門はバイオインフォマティクスおよび非線形物理学。30年以上の研究を通じて100を超える論文を発表。また過去5年間だけでも『BMC Medical Genomics』『Medicine (Lippincott Williams & Wilkins journal)』『PLoS ONE』『IPSJ Transactions on Bioinformatics』など50以上の国際ジャーナルにおいて査読を担当。バイオインフォマティクスの国際学会「InCob」では、2014年と2017年に最優秀論文賞、 2018年には最優秀口頭発表賞を受賞するなど数多くの受賞歴を持つ。著作も多数あり、『砂時計の七不思議』では第12回講談社出版文化賞科学出版賞を受賞。

今すぐ無料で受講する

講師プロフィール

田口善弘 教授

東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。理学博士。2006年より現職。専門はバイオインフォマティクスおよび非線形物理。30年以上の研究生活を通して100を超える論文を発表

X

今すぐメールニュースに登録して無制限のアクセスを

エナゴ学術英語アカデミーのコンテンツに無制限でアクセスできます。

  • ブログ 560記事以上
  • オンラインセミナー 50講座以上
  • インフォグラフィック 50以上
  • Q&Aフォーラム
  • eBook 10タイトル以上
  • 使えて便利なチェックリスト 10以上

* ご入力いただくメールアドレスは個人情報保護方針に則り厳重に取り扱い、お客様の同意がない限り第三者に開示いたしません。