文頭の“and”と “but”

英作文の授業でよく取り上げられるトピックですが、論文では文頭で“and”や“but”のかわりにどのような語句が使用できるのか、ご紹介します。

接続詞“and”は追加の情報があることを“but”は反する情報があることを示します。一般的
に、出版界では、文を“and”や“but”で始めるのはインフォーマルだと見なされています。

  • and”のかわりに文頭で使える語:in addition、further、furthermore、moreover
インフォーマル: And the spatial ordering of integrated tissue occurred during development.
フォーマル: In addition, the spatial ordering of integrated tissue occurred during development.

 

  • but”のかわりに文頭で使える語: however、on the other hand、nevertheless、conversely
インフォーマル: But the unit cell today contains only a plain segment.
フォーマル: However, the unit cell today contains only a plain segment.

★ “and”や“but”で文を始められるかは、最近発表・出版された論文などで確認して
ください。

<< 執筆のコツのそのほかのサブカテゴリーもご覧ください