【東京大学発ベンチャー】 エルピクセル株式会社

「ライフサイエンス×ITで、研究界に革新を与えたい。」

 

STAP細胞論文の不正問題が世間で議論を巻き起こしているなか、今春には論文画像の不正検出ソフトを無料公開したというニュースがマスコミの注目を集めた。開発したのは今年の3月に設立された東京大学発ベンチャーのLPixel(エルピクセル株式会社)。
生命科学分野論文の使用画像に不自然な点を検出するソフトウェア「LP-exam」は、複数の手法を組み合わせて元の画像から9つの分析結果を出力し不正検出のサポートをするもので、国内外から高い関心が寄せられている。研究界で顕著となりつつあるビッグデータの問題に対し、世界トップレベルの技術で課題解決に挑む同社。
同時に、7月には研究者間での知識共有や交流のためのプラットフォーム「LP-Tech」をリリースするなど、研究者のための環境作りも進めている。その根底には、島原社長の「研究者のためによりよい環境を作り、研究の世界を切り拓いていきたい」という熱い想いがあった。
■「学融合」で生まれた独自の技術
学部時代は遺伝子工学を学んでいましたが、生命科学分野では顕微鏡やMRIなど高度化・膨大化する画像データに画像処理・解析技術が追いついていない現状を目の当たりにし、何とかしたいと考えていました。そこで、大学院では異なる研究分野を掛け合わせて新たな領域を開拓する「学融合」を理念に持つ新領域創成科学研究科へ進み、生命科学と情報学の融合という独自の境地を切り拓くことに挑戦しました。
この先10年で全世界の情報量は数十倍になると言われているなか、研究界でのビッグデータへの対策は遅延しています。画像の処理・解析にかける時間や労力を最小限にできれば、より高度な研究に時間を割くことができます。
iPS細胞や遺伝子治療など、今後ますますライフサイエンスの時代を迎えるなかで、研究室で培った独自のアルゴリズムと最先端の技術を活用して研究界を変えていきたいという思いを抱き、創業に至りました。
■画像不正問題は他人ごとではない
メインの研究用画像解析ソフトウェア開発事業では、研究者の方々の要望に対しオーダーメイドで開発を行います。ソフト開発だけにとどまらず、それぞれの研究に対して有効な画像の撮り方から解析方法まで一貫したコンサルティングが私たちの強み。生命科学と情報学の融合という独自価値が高く評価され、創業時からスムーズに事業を進めることができています。
その折にSTAP細胞論文の不正問題に関する一連の報道が流れ、「これは他人ごとではない」という問題意識を抱きました。画像不正問題は、モラルの低下だけでなく制度疲労も原因の一つとして挙げられます。研究に使用する画像の質と数は劇的な進歩・増加している一方、画像が用いられた論文のチェック・レビュー体制は10年前とさほど変わっていない。現状を変えるためには双方の分野に熟知したオンライン版の開発と無料公開に踏み切りました。
無料公開にしたのは、より多くの人に使っていただくことで画像不正の問題を解決したいから。公開後は国内外から多くの反響をいただき、7月にはより高性能なオフライン版の販売を開始しました。今後は英語版も開発予定です。
■研究者にとってよりよい環境作りへ
7月に、ライフサイエンス研究者向けのソーシャルメディア「LP-Tech」をリリースしました。「LP-Tech」では、ライフサイエンス領域における画像処理ノウハウの発信や、研究者同士の意見交換の場を提供しています。
今後も、夏には理系研究者向け、来春には文理問わず全ての研究者に向けた情報共有・交流サイトをリリースする予定です。研究時代を振り返ると、研究室の中で作られた資料や情報というのは研究室内という閉じられた世界でしか活用されていませんでした。私は研究者同士がよりオープンに情報や知識、技術を共有できる場を提供し、研究界全体を切り拓いていきたいと考えています。画像不正検出ソフトの無料公開にも繋がることですが、「研究者にとってよりよい環境を作り、研究界に革新を与えること」が私たちの目標です。ソフトウェアは一度開発すれば世界中で使用できるので、世界を視野に入れつつ、まずは国内で実績と信頼を重ねていきます。
私は大学発ベンチャーを立ち上げたことで、大学で学んだ知見と技術は形を変えればビジネスとして成り立つことを実感しました。研究者とは異なり、社会ニーズの把握や資金などのビジネス感覚も必要ですが、企業として社会的意義の高いサービスを提供し続けるという意識があるからこそ実現できることもあります。今回の画像不正検出ソフトはまさにそのとおりで、もし一研究者のままだったら生まれていなかったサービスだと考えています。今後も研究界のさらなる向上のために貢献できるサービスを提供し続けます。

【プロフィール】
島原 佑基 代表取締役
1987年8月3日生まれ。2013年東京大学新領域創成科学研究科修士課程修了後、IT系企業で経験を積み創業に至る。学生時代にはマサチューセッツ工科大学主催iGEMにて銅賞を受賞。

【会社概要】エルピクセル株式会社
設立年月日/平成26年3月4日
本社所在地/東京都渋谷区渋谷1-17-1 TOC第2ビル3F
連絡先/090-2914-0880
事業内容/研究及び研究者支援事業、インターネット関連事業、ソフトウェアの企画,研究,設計,開発製造及び販売、人材採用に関する広告事業,斡旋事業及び選考支援事業

 

1
Leave a Reply

avatar
10000
1 Comment threads
0 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
0 Comment authors
島原 佑基-エルピクセル株式会社 代表取締役 | 社長の経歴 Recent comment authors
  Subscribe  
Notify of
trackback
島原 佑基-エルピクセル株式会社 代表取締役 | 社長の経歴

[…] ※※PASONA社長人の「エルピクセル株式会社 島原佑基」のHPや、東京大学大学院新領域創成科学研究科のHP、および学術英語アカデミーのHPや同社の主要メンバー紹介のHPやウォンテッドリーのアカウントやリンクトインのバックグランドなどから作成しております。 […]