カテゴリーアーカイブズ: 混同しやすい用語や表現

限定修飾語句と非限定修飾語句

一般に、修飾語句には「限定」と「非限定」という二種類があり、両者間の違いを理解することは英語の基礎知識として不可欠です。

その違いとは、限定修飾語句が修飾される語句の意味に影響を与えるのに対し、非限定修飾語句はその意味に影響を与えないということです。
例えば修飾される語句が名詞であれば、非限定修飾語句はその名詞が指す対象について情報を加えることはありますが、修飾によってその対象自体を変えることはありません。
文法的には、限定修飾語句と非限定修飾語句はコンマの使用によって区別されます。つまり、非限定修飾語句の場合には、修飾語句と修飾される語句との間にコンマが入りますが、限定修飾語句の場合はコンマが入りません。

例文を見てみましょう。

(1) My dog, Cleo, is sleeping.
(1′) My dog Cleo is sleeping.

これらの文における「Cleo」というのは書き手が飼っている犬の名前であり、文法的には名詞「dog」を修飾する同格語となっています。そこで、コンマの使い方によって(1)と(1′)では「Cleo」はそれぞれ非限定修飾語そして限定修飾語として用いられています。
この文法上の違いによって、書き手が飼っている犬についてそれぞれ一匹しかいないことと二匹以上いることが表されます。

この点を理解するために「Cleo」の修飾語としての機能を見てみましょう。
(1)では、「Cleo」はコンマに挟まれていることによって「my dog」の意味を限定せず、それが指す対象について情報を追加する役割のみを果たしています。この状況は「my dog」に可能な解釈が一つしかない場合にのみ合理的なのです。
一方、(1′)では、「Cleo」が「my dog」の意味を限定することができるという含意によって、「my dog」の言及対象としては少なくとも二匹の犬が存在するということが示されます。

以下の例文も(1)、(1′)と同様の状況にあります。

(2) The method described above, employing dual probes, yields measurements with
(2) significantly greater precision than the conventional method.
(2′) The method described above employing dual probes yields measurements with
(2′) significantly greater precision than the conventional method.

(2)は、上述される「method」が一つしかない場合に適切です。その場合は、「employing dual probes」という修飾句は「method described above」の意味を限定せずに、それが指す唯一の測定法について追加の情報を与えます。
一方、(2′)では、以前に記述された測定法が二つ以上あり、「employing dual probes」が「method described above」の意味を限定することによって唯一の測定法を特定する、という状況になっています。

 
詳しくはグレン・パケット:『科学論文の英語用法百科〈第2編〉冠詞用法』(京都大学学術出版会,2016)の第14章をご参照下さい。

 


glenn

グレン・パケットGlenn Paquette

1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから。
 
 


integralとintegration

名詞「integral」と「integration」は日本人学者によってよく混同され、誤用されることが多いです。「integral」は「積分」に当たり、積分法の対象となる量を表し、一方、「integration」は「積分すること*」に相当し、積分を求める操作を意味します。
以下はしばしば見受けられる誤用を例示するものです。

(1) [誤] Here, we can evaluate the time integration of the propagator using the
(1) [誤] method of steepest descent.
(1) [正] Here, we can evaluate the time integral of the propagator using the method
(1) [正] of steepest descent.
(1) [正] In this case, we can carry out the time integration of the propagator using
(1) [正] the method of steepest descent.

(2) [誤] Our calculation was not based on Eq. (17) itself, but on Eq. (26), the
(2) [誤] integration of the entropy.
(2) [正] Our calculation was not based on Eq. (17) itself, but on Eq. (26), the
(2) [正] integral of the entropy.

(3) [誤] However, we are not able to perform the integral in this case.
(3) [正] However, we are not able to perform the integration in this case.
(3) [正] However, we are not able to evaluate the integral in this case.

(4) [誤] Note that in Eq. (3), the integral range is infinite.
(4) [正] Note that in Eq. (3), the range of integration is infinite.

 
*「積分法」という意味も持ちます。


glenn

グレン・パケットGlenn Paquette

1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから。


such thatとso that

「such that」と「so that」はよく混同されます。ここでそれぞれの表現の正しい用法を説明します。

「so that」は副詞として働き、二通りの意味を表すことができます。それらの意味では「so that」は意図を示すものとして「for that purpose」や「in order that」、そして因果関係を示すものとして「with the consequence that」や「and therefore」と同義です。これらの意味はそれぞれ以下の用例に見られます。

(1) I take my children on many international trips so that they will appreciate other cultures. [意図]
(2) Snow continued to fall for many days, so that eventually all of the mountain roads were impassable. [因果関係]

(1)と(2)はいずれも「A so that B」という構造を持ちますが、「so that」によって示されるAとBとの関係については著しい差があります。(1)は、話し手の意図を示し、「Bを目標にしてAを行う」というような意味を表す。対照的に、(2)では何の意図も示されず、BがAの当然な結果として起きるという因果関係だけが示されます。

「such that」は、副詞として「in such a manner that」、そして形容詞として「of a type that」や「with the property that」のような意味を表します。これらの用法を以下で例示します。

(3) You should write your novel such that it evokes strong emotion. [副詞]
(4) Their disagreement is such that discussion is not even possible. [形容詞]

(3)では、「such that it evokes strong emotion」は動詞「write」を修飾し、小説をどのように書くべきかを表し、一方、(4)では、「such that discussion is not even possible」は名詞「disagreement」を修飾し、意見の相違がいかに深刻かを示しています。

最後に、以下の用例を比べてみましょう。

(5) You should paint this sign such that it is highly visible.
(6) You should paint this sign with bright colors, so that it is highly visible.

これらの文では「such that」と「so that」を互いに置き換えることはできません。(5)で「such that」を「so that」に変えると「看板にどのようなペンキをどのように塗るとしても看板が目立つ」といった相当に奇妙な意味が示されます。一方、(6)で逆の変更を行うと単に意味を成さない文になってしまいます。 (5)と(6)によって例示されるような用法において「so that」と「such that」が誤って用いられていることがしばしば見受けられます。
 


gp

グレン・パケットGlenn Paquette

1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから。
 
 


adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見受けられます。誤用の中には、後者が適切なところで前者が用いられていることが特に多いです。「adequate」と「appropriate」は同義ではありません。両者間の違いを理解するために以下の正しい用例を考えればよいです。
 

(1) An iron(II) sulfate supplement is generally regarded as an appropriate treatment for iron deficiency anemia.

(2) For this patient, 1,200 mg daily of iron(II) sulfate was found to provide an adequate treatment for her intermittent iron deficiency anemia.

 
一般に、「appropriate」と「adequate」はそれぞれ定性的な意味と定量的な意味を表します。このような意味は上記の例文にも見られます。(1)では、硫酸鉄(II)を栄養補助剤として使用することは鉄欠乏性貧血に対して「適切」(「appropriate」)な治療法とみなされる、という意味が示されます。つまり、当該治療法には鉄欠乏性貧血への望ましい効果があるわけです。しかし、硫酸鉄(II)の使用される量については情報が示されていないため、そうした治療法が「十分」(つまり、「adequate」)なのかどうかについては何の意味も含まれません。一方、(2)では、ある特定した患者に適した服用量が示されているから、治療法の十分さについて判断する根拠があります。というわけで「adequate」が適切です。上記の用例で「appropriate」と「adequate」を互いに置き換えることはできません。

詳しくはグレン・パケット:『科学論文の英語用法百科〈第1編〉よく誤用される単語と表現』(京都大学学術出版会,2004)の第5章をご参照下さい。


glenn

グレン・パケットGlenn Paquette

1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから。


ofとfor

 
英語を母語としない人を悩ます品詞の中で、前置詞はとりわけ難解です。意味が近いものも多く、似たものの区別をつけるルールも存在しません。ここでは、互いに混同されることが特に多い前置詞として「of」と「for」を考察します。

前置詞の正しい用法を覚えるのに、用例を熟考することによって、微妙な差異の直感的な理解を身につけるしかありません。つまり、前置詞の誤用を(「そのような意味がない」といったもの以外は)解説しようがないことが多いのです。という訳で、ここでは「of」と「for」の典型的な取り違えを示す例文を列挙だけします。
 

ofが正しい用法

(1) [誤] The results for this experiment are displayed in Table 1.
(1) [正] The results of this experiment are displayed in Table 1.

(2) [誤] Here, we study a model for cloud formation.
(2) [正] Here, we study a model of cloud formation.

(3) [誤] However, this is not a solution for Eq. (5.1).
(3) [正] However, this is not a solution of Eq. (5.1).

forが正しい用法

(4) [誤] The scaling relation of the size is derived below.
(4) [正] The scaling relation for the size is derived below.

(5) [誤] Here, we present a method of reducing such systematic error.
(5) [正] Here, we present a method for reducing such systematic error.

(6) [誤] The reason of this behavior is described below.
(6) [正] The reason for this behavior is described below.

(7) [誤] A sufficient condition of the existence of these curves is derived
(7) [誤] in Section 2.
(7) [正] A sufficient condition for the existence of these curves is derived
(7) [正] in Section 2.
 
 


glenn

グレン・パケットGlenn Paquette

1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから。
 
 


as long as とas far as

日本人の学術研究論文で「as long as」と「as far as」という句が混同されていることを度々目にします。これらの表現が同義ではないことに注意して欲しいです。いずれの表現にも何らかの条件を挙げるといった用法があり*、そうした用法では和訳が(「…の限り」、「…する限り」などになって)一致することもありますが、一般的に「as long as」と「as far as」は互いに置き換えることができません。

*両表現にその他の用法もあります。主なものとして「as long as…」には期間の長さの上限を示す用法と「…なだけ長く」という意味を表す用法があり、一方、「as far as…」には「…まで」のような意味を表す用法があります。

条件を挙げる用法で用いられる場合には、「as long as」と「as far as」はそれぞれ「on the condition that」と「to the extent that」と同義です。そのため、「as long as [条件]」は「[条件]が満たされれば」や「条件が満たされないまで」というような意味を表し、一方、「as far as [条件]」は「[条件]によって定められる範囲で言えば」というような意味を表します。

それぞれの表現の典型的な用法を以下で示します。

(1) This behavior will continue as long as there is a sufficiently high concentration of nutrients in the medium.
(2) As long as there are no errors, this code should provide the desired result.
(3) These complications are of no significance as long as we are only interested in long-time averages.
(4) As far as the author is aware, this is the first time that a solution to this problem has been proposed.
(5) As far as individual firms are concerned, these new regulations are of little consequence.

上記のどれの用例においても「as long as」・「as far as」をもう一方に置き換えると意味を成さない文になってしまいます。

上述のように、一般に「as long as」と「as far as」は互いに置き換えることができませんが、以下に見られるように、いずれも使える場合もあります。

(6) As long as / As far as our interest is in large-scale ocean currents, short-term weather fluctuations are irrelevant.

この文では、「as long as」と「as far as」は両方とも適切に使用できますが、どちらにするかによって文意が異なります。「as long as」にしますと、「興味が大規模海流にあれば、短期の気象変動は重要でない」という意味になります。つまり、検討対象が大規模海流であるかそうでないかということになっており、二つのケースしかないという意味が含まれます。対照的に、「as far as」に置き換えると、「興味が大規模海流にある程度と同じ程度に短期の気象変動が重要でない」という意味になり、検討対象に関しては可能なケースがたくさんあるということが含意されます。

関連した解説についてはグレン・パケット:『科学論文の英語用法百科〈第1編〉よく誤用される単語と表現』(京都大学学術出版会,2004)の第18章をご参照下さい。


glenn

グレン・パケットGlenn Paquette

1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから。


rareとscarce

形容詞「rare」と「scarce」は類義語ではありますが、通常、互換性はありません。以下に2語の第一義*の和訳とそれぞれの典型的な使用法を例示します。

*2語とも上記の第一義以外にもいくつかの意味を持っていますので、ご注意ください。

rare: 珍しい、稀な。

(1) The red-headed trogon is a rare species of bird.
 
(2) Solar flares of such great size are extremely rare events.
 
(3) It is rare to find audio recordings of such high quality from that time.

 
 
scarce: 不足している。

(4) The influenza vaccine is scarce in rural areas.
 
(5) However, because water became extremely scarce, the population rapidly decreased.
 
(6) Funding for this type of research has become scarce.

ここで「rare」と「scarce」を互いに置き換えると、各文の意味はかなり不自然になってしまいます。


glenn

グレン・パケットGlenn Paquette

1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから。


raiseとrise

他動詞「raise」は「(人や物)を上げる」という意味を持ち、「(高さなどが)上がる」という意味の自動詞「rise」に対応する語ですが、日本人学者の論文では前者が自動詞として使用される誤りをしばしば目にします*。

以下にそれぞれの動詞の正しい用法を例示します。

(1) The level of the oceans is rising more rapidly than previously reported.
 
(2) Awareness of the importance of frequent hand washing has risen in recent years.
 
(3) The sun rises in the east.
 
(4) We are considering raising the minimum passing score.
 
(5) At each step, the position of the bar was raised by 3 cm.
 
(6) If you wish to speak, please raise your hand.

*逆の誤りは不思議なことにほとんど目にすることがありません。


glenn

グレン・パケットGlenn Paquette

1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから。


precedeとproceed

動詞「precede」と「proceed」はつづりと発音が似ているため混同されやすいですが、語源も意味もまったく違います。

precede: 先立つ、より前に。

(1) The publication of Leibnitz’s work on calculus preceded that of Newton.
 
(2) In the experiments, it was found that the structural transition precedes the magnetic transition.
 
(3) What does it mean for cause to precede effect?

 
 
proceed: 続行する、次に…する、前進する。

(4) After treating the general linear case, we proceed to consider several nonlinear systems.
 
(5) Please proceed with your argument.
 
(6) We proceed by first reducing each of these equations to its simplest form.
 
(7) In this case, the conventional approach is to proceed with chemotherapy after excision.


glenn

グレン・パケットGlenn Paquette

1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから。


intra-とinter-

接頭辞である「intra-」と「inter-」はよく混同されます。つづりも発音も使い方もよく似ていますが、意味はかなり違います。「intra-」は「〜内の」という、「inter-」は「〜の間の」という意味を表します。以下は、「intra-」と「inter-」それぞれを接頭辞として含む単語の典型的な例です。

「intra-」
intracellular: 細胞内
intradepartmental: 学科内
intravenous: 静脈内
intrauterine: 子宮内
intramural: 学内

「inter-」
intercontinental: 大陸間
interdepartmental: 学科間
interdisciplinary: 学際的
interaction: 相互作用
interplanetary: 惑星間


glenn

グレン・パケットGlenn Paquette

1993年イリノイ大学(University of Illinois at Urbana-Champaign)物理学博士課程修了。1992年に初来日し、1995年から、国際理論物理学誌Progress of Theoretical Physicsの校閲者を務める。京都大学基礎物理研究所に研究員、そして京都大学物理学GCOEに特定准教授として勤務し、京都大学の大学院生に学術英語指導を行う。著書に「科学論文の英語用法百科」。パケット先生のHPはこちらから。